マカ&クラチャイダム20000の副作用

マカ&クラチャイダム20000は安全?品質と安全管理の基準

食品や健康食品などは、当然ながら口から身体に入るものです。

製造工程はきちんとしているのか、品質管理は問題なく行われているのかは、誰でも気になりますよね。

とりわけ、精力剤といった大人の商品は、中には胡散臭い販売元もあります。

なので特に注意して調べる必要がありますよね。

今日は、マカ&クラチャイダイム20000の品質面の安全性について調べてみました。

購入をお考えの方には是非一度目を通しておいて欲しい内容となっています。

マカ&クラチャイダイム20000は厳しい安全基準をクリア

マカ&クラチャイダイム20000は、3つの外部機関の厳しい基準をクリアして商品化されています。その基準について、ご紹介します。

まずは、GMP基準について。

マカ&クラチャイダイム20000の製造工場は、この認定を受けています。

マカ&クラチャイダム20000安全性

GMPとは、日本健康食品規格協会(JIHFS)が取り決めている規範です。

適正製造規範(Good Manufacturing Practice)の頭文字をとって、GMPと呼ばれています。

健康食品やサプリメントを製造する会社は、商品の製造に関して、全ての工程をチェックして記録を残すことになっています。

チェック内容は、例えば工場の構造や設備がどのように作られ運用されているか、工場の保守・点検・管理はどうなのか、製品の品質管理、衛生管理、製造管理はどうなのかなどです。

その点に関して、非常に細かく規範や規格、作業手順書を設け、記録を残すのです。

 

さらに日本健康食品規格協会が、実際に会社や工場に赴き、規範や規格、作業手順は厳守されているのかなどを監査し、保存された書類からも不正がないかチェックします。

これをGMP監査といいます。

この監査結果を持ち帰り、日本健康食品規格協会が審査し、審査基準をクリアした企業のみにGMP認定証が発行されるのです。

マカ&クラチャイダイム20000の販売元企業も、製造工場も、GMP認定証が発行されています。

衛生管理や製造管理に全く問題がなく、製造の過程で異物混入が起こる心配もありません。

国際的な食品製造の基準 HACCPや有機JASマークにも準拠

HACCPとは、Hazzard Analysis and Critical Control Pointの頭文字をとったものです。

マカ&クラチャイダイム20000は、このHACCPにも準拠しています。

食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生する可能性のある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazzard Analysis)し、

その結果に基づいて、製造工程のどの工程でどのような対策を講じれば、より安全な製品を製造できるかという重要管理点(Critical Control Point)を定め、

これを継続的に監視することにより製品の安全を確保しようという衛生管理方法のことを、HACCPといいます。

 

さらに、マカ&クラチャイダイム20000は、農林水産省管轄の有機JASマークも取得しています。

有機JASマークとは、有機食品のJAS規格に適合した製造が行われていると認められた商品だけが貼ることを認められたものです。

マカ&クラチャイダム20000安全基準

それだけではありません。

マカ&クラチャイダイム20000は、食品の安全や安心を確保するために厚生労働省が基準を設定し、検査を行っている食品中放射能検査もクリアしているのです。

こうして長々と見慣れない言葉を書き連ねると、逆にちょっとイメージが湧きにくいかも知れません。

調べれば調べるほどマカ&クラチャイダイム20000の品質管理面、安全・安心性が保証されていきます。

 

僕も実は安全性が心配で、マカ&クラチャイダイム20000を購入する前は自分なりにかなり調べました。

改めて今回まとめてみると、相当しっかりした商品なのだと実感しました。

精力剤サプリメントを選ぶ際は、こういった基準でチェックすることをどうかお忘れなく。

更に詳しく知りたい方は、マカ&クラチャイダイム20000の公式サイトでもわかりやすく説明しています。

一度ご確認ください。

 

公式サイトはこちら